東洋テクノ株式会社 ―技術と信頼で社会に貢献する―
  • 地中障害物撤去工事

地中障害物撤去工事

CD工法

超鋼ビット付のケーシングを全周回転させることによりあらゆる地中障害を切削、撤去できる工法です。
既存躯体(壁・柱・地中梁・フーチング・耐圧盤等)や既存杭(松杭・ペデスタル杭・RC杭・PC杭等)、場所打ち杭の撤去まで施工可能です。

特徴

  • 施工にCD工法を採用しているので、撤去後継続して場所打ち杭を築造可能。
  • インサートカッタにより、切削した障害物の摘み出しが容易に行えます。
  • 地中障害物の完全撤去が可能。
詳しくは岩盤掘削工法を参照ください。

DF工法

ジェットケーシングにより既存の松杭・PC杭の周面摩擦を切り、重機にて引き抜く簡易的な方法です。
DF工法とはダイナミック(D)フリクションカット(F)の略称で、多連ジェットケーシングの先端からの削孔水により、既設杭外周部の摩擦を切る工法です。強制的な削孔とは異なり、既設杭に損傷を与えにくい工法です。

特徴

  • 杭外周部の摩擦を切る為、杭単体重量での吊り上げが可能。
  • 多連ジェットケーシングをジョイントすることにより、大深度の施工が可能。
  • スイベルの首が振れる為、斜杭にも対応。(限界値あり)
  • 撤去後の既設杭の形状及び先端確認が可能。
  • 各種既設杭に対応。

基本重機展開

施工機(テレスコクレーン)、クローラークレーン、バックホウ 各1台

ページの最上部へ
Toyo Techno 東洋テクノ株式会社