東洋テクノ株式会社 ―技術と信頼で社会に貢献する―

既製杭工事

VSL工法

通常の摩擦型アンカーで、PC鋼より線をクサビ状のVSL定着具にて定着します。

KTB工法

PC鋼より線をクサビ状のKTB定着具(ロックナット付)にて定着します。


Uターン除去アンカー工法

PC鋼より線の周りにグリースを塗り、ポリエチレンシースにて被覆したアンボンドPC鋼より線を用いた除去式のアンカーであり、現在除去式アンカーの主流です。


グラウンドアンカーとは

図

グラウンドアンカーとは、作用する引張り力を適当な地盤に伝達するためのシステムで、図に示す基本要素であるグラウトによって造成するアンカー体、引張り部、アンカー頭部から構成されています。


アンカーは、アンカーの使用目的、供用期間、腐食環境によって永久アンカーと仮設アンカーに分類されます。

永久アンカー
アンカーによって安定を図る永久構造物、あるいは斜面などに用いるアンカーで、腐食の恐れがある使用材料に対しては、確実な防食・防錆を行ったものです。
仮設アンカー
主として建築物造成に伴う山留め壁の反力を負担するために施工されるため、安価で加工や取り扱いの容易なPC鋼より線で加工されたもので、定着はクサビ方式が多い。また、残置式と除去式があります。

アンカー頭部の定着の仕方は、引張り型(摩擦方式)、圧縮型(摩擦方式)、支圧方式、又はこれらの複合方式に分類されています。

ページの最上部へ
Toyo Techno 東洋テクノ株式会社